お知らせNews

小型トラックに乗るドライバーの仕事とは?

トラックドライバーの仕事の中でも、小型のトラックに乗るドライバーの仕事は、大変なのでしょうか?それとも誰でも運転免許さえあれば就くことができる仕事なのでしょうか。

運送業者が荷物の配送に使用する小型トラックは、2t車と言われるもので、地域の配送を中心に行うケースがほとんどです。

中距離や長距離の配送はなく、主に個人宅や小さな店舗やオフィスへの配送や集荷業務が一般的となるので、大きすぎたり、重すぎる荷物がほとんどありません。

そのため、ドライバーと言えば男性のイメージが強いですが、今では女性も多く活躍しています。

小型のトラックドライバーは、主にいつも同じエリアの配送を行う場合が多いので、地元住民の人や企業の人とも顔見知りになる機会も多く、「いつもありがとう。」という言葉をかけてもらえることもあり、やりがいを感じることも多いです。

小型トラックに乗るドライバーの仕事のお給料は、18万円~22万円くらいが相場となっていて、決して悪くはありません。

また、休日も年間100日以上となっているのが一般的なので、しっかり休むことができメリハリのある仕事を行うことができ、働きやすい職場環境が用意されています。

ドライバーとしての経験がないという人は、まずは小型のトラックドライバーから始めてみてはどうでしょう。

想像以上に働きやすいと感じると思いますのでおすすめです。

 

お問い合わせはこちらから